産後のケア

  • 産後の疲労で体調がすぐれない
  • 股関節が痛い
  • 抱っこでいつも肩がこる
  • いつも腰が重い
  • 産前の体型に早く戻りたい

産後ケアについて | 芦屋市あしやはま整骨院

item.441.2

出産後のお母さんは、満身創痍の状態です。
赤ちゃんがやっと出てきた出産後の女性の体は、骨盤周りの筋肉やヒフが大ケガをした状態だと言えます。
また、産後のお母さんは、産後の疲れが癒える間もなく育児がはじまり、疲労や不調から、腰痛や肩こりが絶えません。また、手首の腱鞘炎の痛みでお悩みの方もたくさんおられます。

あしやはま整骨院では、腰痛や肩こりに対する施術のはもちろん、骨盤の調整や腱鞘炎に対するテーピング等も行っております。産後の不調・痛みでお悩みの方は、お問い合わせください。

産後筋膜ヨガ整体(骨盤矯正)について | 芦屋市あしやはま整骨院

熟練女性ヨガ講師がおこなうマンツーマンのヨガと筋膜リリース

そもそも頑丈につくられ、大切な臓器を守る骨盤の形は人生の中で変化しないものとされています。骨盤の後ろにあって背骨の下に位置する三角形の骨(仙骨)の部分がごくわずかの”うなずき運動”をする程度です。

しかし、女性においては妊娠から分娩にかけて骨盤が大きく変化します。

妊娠中、ホルモンの影響で靭帯や関節部分や結合部分の軟骨が変化するからです。

分泌の時期は出産前後がピークです。

その後は徐々に減っていきます。(分泌される期間には個人差があります。)

お母さんの体は赤ちゃんの通り道となる産道を広くするために、骨盤を形成する骨である恥骨どうし(恥骨結合部分が軟骨で結合していて、5mm広がります。)や仙骨をつなぐ”靭帯”や、骨盤の下部にあって内臓や子宮を支えている”骨盤底筋”が変化をし準備します。

この時、骨盤を形作る骨自体は変わりません。

恥骨どうしをつなぐ恥骨結合、仙骨と腸骨をつなぐ仙腸関節がごくわずかにゆるみ、赤ちゃんにとっての骨盤の出口が大きくなるのです。

これが“出産で骨盤が歪む”と言われる理由です。

産後、体は自然に元の状態に戻ろうとしますが、「恥骨結合離解」といって、骨盤のズレが発生することがあります。

この場合、横になるだけでも骨盤に痛みが生じます。

恥骨結合が修復されて落ち着くには、早くて3か月を要すると言われています。

従って、産後に「恥骨結合離解」の症状が酷い場合は、骨盤の骨を圧して、恥骨結合の軟骨に負担をかけないようにしなければいけませんので、骨盤矯正はおすすめできません。

無理に徒手矯正せず、産科医受診のもと、骨盤を股関節の横あたりにある出っ張り、”大転子”のライン(恥骨と大転子を結ぶ線上)を固定用ベルトで固定する必要があります。

左右股関節の高さが均等になった状態で固定されるのが理想的です。
(巻く位置は座りづらいくらいの位置が正しい巻き方です。)

痛みがかなり軽くなれば、出来れば産科医許可のもと、産後1カ月より軽めに「産後筋膜ヨガ整体」はできます。

ヨガで左右均等な動きを取り入れて骨盤まわりの筋肉をじっくりほぐしたり、ストレッチする方法で、産後の骨盤矯正を安全に行い、股関節痛にも対応します。

いきなり矯正を行うのではなく、骨盤につく筋肉が産後は固くなっていますので、メディセル筋膜リリースも加えながら、筋肉をやわらかくしてから矯正を行います。ボキボキしない骨盤矯正なので安心です。

筋膜ヨガ整体についてはコチラ

 

小さいお子様連れの場合、お手数をおかけしますが必ずご予約下さい!

小さいお子様とご一緒に来られる方は、事前にご予約の際にその旨を受付にお伝えください。(現在、筋膜ヨガ整体は月曜と木曜のみでご予約を承っております。)

あしやはま整骨院・オハナトゥリーでは、全体がバリアフリーの空間になっておりますので、ベビーカーでも押したまま入って頂き、施術ベッドの横に停めて頂くこともできます。

また、小さなお子様から目を離すことができないお母さんのために、お子様用DVDもご用意しております。(
free wi-fi環境なのでyoutubeも大丈夫です。)

 

受付の流れ | 芦屋市あしやはま整骨院

受付の流れ

flow