次亜塩素酸水塩素濃度35ppm以上でコロナに有効

2020年07月5日

あしやはま整骨院 院長小口です。

令和2年6月26日付で、コロナ対策の切り札「次亜塩素酸水」に関して、NITE(製品評価技術基盤機構)より新型コロナウイルスに対する消毒方法の最終報告の取りまとめ(物品への消毒)がありました。NITE(ナイト)独立行政法人 製品評価技術基盤機構 

結論から申し上げますと、「次亜塩素酸水(電解型/非電解型)は有効塩素濃度35ppm以上のものを適切に使用することで、新型コロナウイルスの除去が期待できる。」との事でした。

ただし、次亜塩素酸水での新型コロナウイルス除去の際の注意等として・・・

1.汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去する。
2.対象物に対して十分な量を使用すること。
3.物品に対する有効性を検証したものであり、手指や皮膚等の消毒有効性は検証してない。
4.
利用に当たっては製造事業者等が提供する安全性情報や使用上の注意等を十分に踏まえる。

当院で使用しているクリクラさんの次亜塩素酸水ZiACO(ジアコ)も当然新型コロナウイルスの除去が期待できる基準を満たしており、安心して使用できる適切な濃度で有効性を担保した製品となっています。横浜薬科大学総合健康メディカルセンターをはじめとする各機関での試験においても、高い安全性が確認されており、安全性もテスト済みです。
ジアコの安全性確認はこちら

引き続き、主に枕やベッド、手がよく触れる場所は次亜塩素酸水スプレーをたっぷり吹きかけて拭き取っています!