芦屋市・打出  膝の痛み

2017年08月6日

芦屋市・打出のあしやはま整骨院 院長の小口です。私事ではありますが、先週、恥ずかしながら膝が痛くなってしまいました。金曜日の仕事終わりから、右膝の内側がだんだん痛くなり、帰宅時は痛くて歩行が困難になる程でした。はっきりした受傷原因は有りませんが、右膝を下にして脚を組みながら行儀悪く事務処理をした際、膝関節は内側に捻られ、つま先は外に向いている状態を長時間続けた事が考えられます。実はこの体勢、膝の内側に捻転力が加わり、半月版という軟骨にすごく負担が掛かるため、非常に良くありません。10年前、下手な草野球でバッティングの際に、左打者なので右足で壁を作りすぎて膝内側に痛みが出て以来です。今まで、違和感が何回も訪れるたびに、何とかごまかしてきましたが、今回はなんだか様子が違うみたいです。あしやはま整骨院にも膝痛の患者様はたくさんいらっしゃいますが、改めて、「やっぱり痛いよな~」と患者様の痛みが再確認できたいい機会でした・・・幸い、熱感や関節水腫も無く、関節包という関節を包む薄い膜の裏面である滑膜の炎症もそんなに強くなかったため、2日間、テーピングで関節を安定させて、軟骨がゴリゴリしないように固定して安静にしたら、やっぱりすごく楽になります。軟骨の破片発生の抑制や、削れた軟骨にできた毛羽立ちが滑膜に当たらなくなるからです。(軟骨にはほぼ血管や神経が無く、実際に痛みを感じているのは関節包の裏面である滑膜にある知覚神経です。)やっぱり、早めの対処が必要ですね!酷くなる前に是非ご相談下さい!

 

item.408.1