芦屋市・打出 肩こりや背中・腕にしびれや重だるさの原因とは

2017年05月29日

芦屋市・打出のあしやはま整骨院です。(ブログ久しぶりになっちゃいました・・・)ところで、暑いのか何なのかわかりません!調度いい気候の時期が少かったですね・・・ほんと体調不良の方が多い!例年、気温差が激しい季節の変わり目であるこの時期に、神経痛の患者様が増加傾向にあります。最近その中でも、肩こりや背中・腕のしびれや重だるさが主な症状となる「胸郭出口症候群」の患者様が多くあしやはま整骨院に来院されてます。「胸郭出口症候群」とは、胸郭の上部である、首の前や鎖骨の下あたりで腕や背中を支配する神経や血管が、鎖骨や硬くなった筋肉が絞めつけたり、圧迫したりして、背中や腕のしびれや重だるさを出す症状をいいます。(詳しくは①前斜角筋と中斜角筋の間で起こる、斜角筋症候群②鎖骨と第1肋骨の間で起こる、肋鎖症候群③小胸筋が締め付ける、小胸筋症候群の3つに分類されます。)患者様を視診・触診させていただくと、前方から診て、本来外側が上がるべき鎖骨が、特徴的に真直ぐ平行になっているケースが多いです。特になで肩の女性や、頻繁に重いものを持ち上げる方によくみられます。やはり、鎖骨が真直ぐだと、「胸郭出口症候群」の主な原因になります。改善方法は、肩甲骨を後に引き付けて、鎖骨の外側を上げて、本来の形状を整え、首や背中周りの筋肉をほぐすことです。簡単に言ってしまいますが、、長年の生活習慣(特に猫背)などでクセになっているので、これにはかなり根気がいります。ひとりで改善しようとする場合は、なおさらだと思います。肩こりや背中・腕のしびれや重だるさがある方、もしかして「胸郭出口症候群」かもしれません。その様な症状でお困りの方は、ぜひ、あしやはま整骨院までご相談ください!一緒に改善していきましょう。くわしくはコチラ!

item.284.1