人が人生を終える時に後悔する20の項目

2018年06月5日

先日、名刺を注文して、メールでデータを確認したつもりでしたが、名前の英字振り仮名がYohei(よへい)になっていましたが、「ま、ええか~」と思っている、Youhei Koguchi こと、あしやはま整骨院 院長の小口洋平(ようへい)です。

いつも愛読してる整骨院関係の方のメールマガジンに、なかなかいいことが書いてありました。もしかしたら、もうすでにご存知のお話かもしれませんが・・・

 

人が人生を終える時に後悔する20の項目


1 他人がどう思うか気にしなければ良かった
2 幸せをもっとかみ締めて生きるべきだった
3 もっと他人のために尽くせばよかった
4 くよくよと悩まなければよかった
5 家族ともっと時間を過ごせばよかった
6 もっと人に優しい言葉をかけていればよかった
7 あんなに不安を抱えながら生きるべきではなかった
8 もっと時間があれば・・・
9 もっと思い切って冒険すればよかった
10 自分を大切にすればよかった
11 他人の言う事よりも自分の直感を信じればよかった
12 もっと旅をすればよかった
13 もっとたくさん恋愛をすればよかった
14 もっと一瞬一秒を大事に過ごせばよかった
15 子どもたちに好きな事をさせてやればよかった
16 言い争いなどしなければよかった
17 もっと自分の情熱に従うべきだった
18 もっと自分のために頑張ればよかった
19 もっと自分の本音を言うべきだった
20 もっと目標を達成すればよかった

 

まず自分を大切にして、自分がしたいことを、迷惑かけず、逃げず、楽しく達成していくことが大事なんですよね・・・

自分が充実してないと、家族を守ったり、患者様に最高の治療を提供するモチベーションを保つことができません。

後悔しないように、丁寧に毎日を過ごしたいです!

そうか・・・

とりあえず、やっぱり名刺再発注しとこ・・・「よへい」って「与兵衛」みたいやもんな~