ぎっくり腰には筋膜リリースで解決! |芦屋市あしやはま整骨院

2019年09月25日

あしやはま整骨院 院長の小口です。

最近、一日の中で寒暖差が激しいですね。

やっぱり、ぎっくり腰の方が増えてきました。

 

ぎっくり腰という言葉は総称なんです。

 

ですから、いろんな原因で発生します。

圧迫骨折や椎間版ヘルニア、椎間関節の炎症などなど・・・

 

中でも、筋筋膜性の腰痛から酷くなって来院される方が多いです。

普段から前屈みの姿勢で腰に疲労が溜まっている所に

気温の低い起床時に突然発生するパターンです。

 

体温のほとんどが筋肉の震えで産生されるため、

寒冷が重なれば、もともと疲労で硬くなっている筋肉が

さらに硬くなり、筋肉内の毛細血管が圧迫され、血流が悪くなります。

 

そして、

筋肉が代謝ができにくくなり、発痛物質が集まって、

ぎっくり腰完成となります。

当然、肌と筋肉の間にある筋膜も癒着して滑走性が悪くなっているので

筋肉の動きも悪くなります。

 

解決法は、

シンプルですが、筋膜リリースして筋肉のコリ(トリガーポイント)

をほぐしてあげる事です。

実際、酷い肩こりや慢性腰痛を施術させて頂いていると

やっぱり筋膜の癒着が原因であると実感します。

お悩みの方は是非、あしやはま整骨院まで!

筋膜にもアプローチしてみましょう!

筋膜 人間