うれしいお葉書きいただきました。

2017年03月10日

芦屋市・打出のあしやはま整骨院です。つい先日うれしいお葉書きをいただきました。
ハガキ
ご紹介で昨年あしやはま整骨院にご来院された、芦屋市 腱板断裂(女性)の方から経過のご報告です。

腱板(けんばん)というのは、肩関節を動かす「インナーマッスル」ですが、断裂してしまうと夜も眠れない程痛みを伴い、肩も挙上できなくなります。

初診時この患者様はすでに受傷した1ヶ月前から上記の状態であり、受傷した状況と徒手検査の結果、腱板断裂が強く疑われましたので、腕を吊って、早急にMRIのある病院へ受診して頂きました。(他の病院にも受診されたみたいですが、1ヶ月間本当に痛かったとおっしゃられておられました。)

腱板が断裂してますので、当然、急性期は肩関節を動かす運動療法は禁忌です。正しく画像診断をして、まずは安静と注射やお薬による消炎鎮痛が先決となります。
詳しくはこちらのページへ

お葉書きによると、手術もすすめられたみたいですが、病院を転々とした結果、お友達のご紹介で良いクリニックさんを見つけられて肩を大分動かせるようになったとの事です。本当によかった!(他のインナーマッスルを使える様にする専門的で適切な運動療法を行えば7~8割の方が改善しますが、かなり根気がいります。)

そして、何よりうれしかったのは「当日的確な診断して頂き感謝です」とのお言葉をいただいたことです。

お心づかい、こちらの方が大変感謝しております。ありがとうございます!

こういうお葉書きは私たちにとって本当に励みになります。

これからも地域密着型整骨院の役割として、施術だけでなく、この様な形でも患者様を最短距離で改善に導けるように、さらなる知識の習得がんばります!